帯を買取して欲しいと思ったら

帯や小物の買取を考えているなら一度査定をしてみませんか

帯は、着物の着付けには必須アイテムです。
最近では着物を着用する人も減り、着物と一緒にしまったままの方も多いでしょう。

 

帯も着物と同じく、作家ものや有名ブランドのも、人気メーカーのものなど、
様々な種類があり、高額で売却することも夢ではありません。
帯にも価値があるので、せっかくなら買取をしてもらいたいですよね。

 

今回は、帯の買取についてご紹介します。

 

 

〇帯の買取はどこでしてくれるの?

 

帯の買取は、リサイクルショップやオークション、ネット買取で出来ます。

 

リサイクルショップは、正しい査定も難しく高額査定が望めません。
また、オークションに至っては手間がかかってしまいます。

 

しかし、ネット買取であれば、着物を見るプロが査定してくれるため。
高額査定も期待できますし、出張買取などもあるため手間もほとんどありません。

 

なので、帯の買取を考えている方は、ネット買取がいいでしょう。

 

〇帯の買取相場について

 

帯には様々な種類、産地、人気メーカー、作家のものがあり、
それぞれ買取相場が変わってきます。

 

帯の種類

袋帯  
名古屋帯
半幅帯 
丸帯

100円〜20,000円
100円〜20,000円
100円〜15,000円
100円〜10,000円

帯の産地

芭蕉布 
博多織 
西陣織 
左波理綴

6,000円〜200,000円
100円〜100,000円
100円〜60,000円
10,000円〜50,000円

人気メーカー

川島織物  
山口美術織物
河合美術織物
鈴乃屋   
やまと

1,000円〜70,000円
8,000円〜40,000円
1,000円〜10,000円
100円〜10,000円
100円〜10,000円

作家

北村武資 
木村雨山 
久保田一竹
羽田登喜男

80,000円〜300,000円
1,000円〜500,000円
10,000円〜300,000円
1,000円〜300,000円

 

この買取相場はあくまで参考価格となりますが、
もし帯だけで何万円にもなると思うと、嬉しいですよね。

 

 

帯は着物に欠かせないもののため、買取市場には必要なものとなります。
また、人気メーカーのものや有名作家のものであれば、更に価値も上がります。

 

着物と一緒に帯も眠らせたままの方は、帯の買取も考えてみて下さい。

 

 

\ 帯・小物の価値は今いくら… /
→バイセルで着物一式を査定してもらいましょう。


帯買取は種類が大事、それぞれのメリット、デメリットは?

訪問着買取のメリット、デメリットについて調べてみました。

 

先ほどもご紹介した通り、帯には様々な種類があります。
そして種類によって買取価格も変わってきます。

 

帯買取を考えている方は、
どのようなメリット、デメリットはがあるのか知りたいですよね。

 

今回は、帯買取の種類についてのメリット、デメリットをご紹介します。

 

 

〇メリット、デメリットは帯の種類で変わってくる!

 

メリット :人気のもの・産地や作家が有名なものは高額査定が期待できる
デメリット:ダメージ酷い物、価値が低いものは買取してもらえない場合がある

 

着物の帯というのは、とても種類が多いため全てが買取できるという訳ではありません。
人気のない物、価値のないもの、中古品となると買取ができない場合もあります。

 

しかし、買取価格でもご紹介した通り、
名古屋帯、袋帯、丸帯、半幅帯などは買取してもらいやすくなります。
また、産地や作家が有名なものであれば、高値が期待できます。

 

〇帯買取の口コミ

 

・着物のほかに帯も沢山あり処分に困っていたが、一緒に買取できて良かった

 

着物+帯となると、処分に困りますよね。
しかし、むしろ着物+帯で売却すると査定もプラスになることが多いです。
帯の買取を考えている方は、着物もセットで買取してもらうといいでしょう。

 

・ネット買取なのに、様々買取方法があって使いやすかった

 

ネット買取では、出張買取・宅配買取・持ち込み買取ができます。
お客様に合った方法で買取に出せるため、安心して取引ができるでしょう。

 

 

帯買取のメリット、デメリットは、
帯の種類によって価値が変わり買取に影響することがわかりました。
帯買取をする場合は、どのような帯かチェックしてみて下さい。

 

また、口コミを見てみると着物+帯で売ると査定も良くなるとありました。
着物や帯の種類にもよりますが、着物もある場合は一緒に査定してもらいましょう。

 

帯の買取をする際は、是非参考にしてみて下さい。

帯を高く売るコツは?

帯や小物の買取を考えているなら一度査定をしてみませんか

帯を買取に出すのであれば、少しでも高く売却したいですよね。
今回は、帯の買取で高く売るポイントなどをご紹介します。

 

 

〇帯の買取前のクリーニングはしない!

 

帯というと体に着物をフィットさせるために使用します。
なので、汗が染み込んだり擦れてしまい、劣化もしやすいです。

 

汗や汚れを考えると、クリーニングした方がいいのでは?と思いますよね。
しかし、着物や帯の知識がないクリーニング店にそのまま出してしまうと。
帯の劣化が更に激しくなったり、風合いを損ねてしまうことがあります。

 

なので、帯はクリーニングに出さず、そのままの状態で査定してもらいましょう。

 

〇証紙の有無で査定額が大幅にかわる!

 

作家やメーカの証明書の有無で、価値が変わってきます。
価値を表す証紙さえあれば、高額査定が期待できます。
査定に出す前に、証紙がないか確認してみて下さい。

 

〇帯の種類はできるだけ確認しておこう!

 

前途した通り、帯はとても種類が豊富なものとなっています。
そのため、買取不可なものもあるので、査定前には買取対象かどうか、確認を取りましょう。

 

 

帯を高く売るためには、クリーニングには出さずにそのまま査定に出してください。
また、証紙の有無、帯の種類の確認もしておきましょう。

 

着物の帯を高く売りたい方は、覚えておきましょう!

 


帯の種類知ってますか?

帯の種類は沢山ありましたね。
そしてその種類一つ一つを見分けるためにも、詳しい情報を知りたいでしょう。

 

今回は、帯の種類について詳しくご紹介します。

 

 

〇袋帯について

 

袋帯は江戸時代に使用されていた丸帯から派生したものです。
そして昭和の戦時以降に「袋帯」として使われるようになりました。

 

丸帯は格が高いものとされていましたが、
その後改良されてからは庶民にも手が届きやすいものとなりました。
しかし、手が届きやすいものとはなりましたが、粗放なものではありません。

 

振袖、留袖、訪問など様々な着物と合わせることができる帯とされています。
帯としての格は丸帯の次に高いものです。

 

また、袋帯の中にも様々な種類があり、
場面によって色無地や高級感のあるもの、カジュアルな柄な袋帯があります。

 

そして、袋帯の特徴は帯特有の重さや着付けのしにくさがないところです。
そのため、所有する方も多く、帯の買取市場にでることも多いです。

 

〇名古屋帯について

 

名古屋帯は袋帯を少しカジュアルにしたものです。
袋帯よりも軽く、正装向きではありませんが柄などによっては準礼装としても使えます。
基本的には普段着用としても使えるため、気軽に使用できます。

 

そして名古屋帯は、着物と同じく「染め帯」「織り帯」があります。
そのため、着用する着物によって合わせて締めることが出来ます。

 

帯の需要は買取の中でも低いものとされていますが、
名古屋帯は帯の中でも需要が高いため、単品でも高額査定が期待できます。

 

また、名古屋帯は伝統工芸品のものがあるので、より高く売却できる可能性があります。
名古屋帯をお持ちの場合は、是非買取をおすすめします。

 

〇丸帯について

 

丸帯は江戸自体の中期に考案されたもので、その当時は正装用のものとされていました。
現在は、主に礼装用とされており、最も格式高い帯とされています。

 

丸帯の生地は、有職文様や吉祥文様の柄が施されており、重量があります。
そしてこの柄は鳳凰やツルなどの縁起のいい柄が用いられているため、
最近では結婚式や和装の花嫁衣裳などで良く着用されています。

 

〇半幅帯について

 

半幅帯は、カジュアルな着用時に使われる帯です。
簡単な着物、浴衣で使用したことがあるでしょう。

 

生地の特徴は、表地に柄があるものが多く、無地や格子模様などの柄の帯もあります。
中には金や銀の糸を使用した格調の高い半幅帯もあるそうです。

 

半幅帯はカジュアルなものなので、礼装や準礼装は避けた方がいいとされています。

 

 

帯の種類ついてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

帯の種類である、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯には、それぞれ使い方が変わってきます。
帯の種類や価値を知っておくことで、買取の際にも役立つでしょう。

 

帯の買取をするためにも、帯の種類をチェックしてください。

 

 

\ 帯・小物の価値は今いくら… /
→バイセルで着物一式を査定してもらいましょう。

ページの先頭へ戻る